ゆめ整骨院 市ヶ谷院 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

このようなお悩みありませんか?

□長時間立ちっぱなし、座りっぱなしで痛み・痺れが出る
□休憩しないと歩けない
□痛み止めや薬に頼りたくない
□脊柱管狭窄症と診断されたが手術をしたくない

背骨の内側に神経が通っており、その通り道を脊柱管と呼びます。
その脊柱管を構成している靭帯や骨が、加齢により腰の骨や軟部組織が変性し神経を圧迫してしまうことがあります。
また、背骨・骨盤の歪みによって神経症状が出てしまうこともあります。
症状としては、主に下肢の痺れと痛みが起こります。そして一定の距離を歩くと腰から足に痺れが出現し、前かがみにして休憩すると再び歩き始めることができる「間欠性跛行」が特徴的な症状です。
軽い腰の痛みでも放っておくと酷くなってしまうので、背骨や骨盤の歪みを逃さずに体を整えましょう。

ゆめ整骨院 市ヶ谷院では日常での体の使い方、それによって引き起こされる体の歪み・癖を見極めて、負担のかかる原因の根本から治療し、改善に導きます。

お問い合わせはこちら
バナー

市ヶ谷院LINE予約はこちら

友だち追加
ゆめ整骨院 市ヶ谷院インスタグラム
バナー

施術科目

各症状について

診療時間

 
午前
午後
  • [平日]
    10:00~20:00
  • [土・祝]
    10:00~15:00
  • [休診日]
    日曜日、年末年始、お盆